手数料・中間マージン

現役フリーランスエージェント監修!手数料と中間マージンの全て

このページではフリーランスエージェントの手数料と中間マージンについてお話していきます。
フリーランスエンジニアにとってフリーランスエージェントの手数料と中間マージンは単価に直結する非常に重要な問題です。
フリーランスエージェントの手数料と中間マージンの仕組みを把握することでフリーランスエンジニアは手取り年収が大幅に変わってきますので必ず抑えておきましょう。
フリーランスエージェントの手数料を抑えフリーランスエンジニアが利益化を最大化するテクニックについても説明しましたので参考にしてみてください。

フリーランス博士
フリーランス博士
当サイトお勧めのフリーランスエージェントはこちらです。 
フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス
知名度、案件数ともに業界ナンバーワンのフリーランスエージェントです。高単価案件を狙うフリーランスは登録必須です。
お勧め度
High-Performer
13年以上の実績を持つ信頼のエージェント。上流工程案件にも強く経験者にお勧めです。
お勧め度
フリーランスIT/Webエンジニア専門の案件情報なら【エミリーエンジニア】
登録者の平均年収819万円・年収1000万円オーバーの案件が多数あります。豊富な案件と手厚いフォローが人気のエージェントです。
お勧め度
フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】
日本最大級のフリーランス専門エージェントです。参画までのスピードが早く単価が高いことが魅力です。
お勧め度
フリーエンジニア向け案件を紹介【BTCエージェント】
平均単価80万円以上のハイクラス案件を揃えるエージェントです。経験者は是非登録をお勧めします。
お勧め度
エンジニアのプロ契約なら【Pe-BANK】
エンジニアからの信頼が厚い老舗エージェントです。業務系案件や汎用系の案件に特に強みがあります。日本全国支店があります。
お勧め度
現役エンジニアがあなたのキャリアをサポート!【TechClipsフリーランス】 案件は全て直請けのみの高単価エージェントです。営業スタッフも経験豊富で業界での評価の非常に高いエージェントです。
お勧め度
フリーランスエンジニアの豊富な案件なら【midworks】
フリーランスエンジニアとして独立しながら正社員並みの保証を受けることができるエージェント。福利厚生・保険・年金などフリーランスのデメリットをカバーしてくれる制度が非常に人気です。
お勧め度
大阪のフリーエンジニア急募!個人事業主なら「エンジニアファクトリー」
経験1年の若手から50代まで幅広い案件を取り扱っていることが特徴のエージェントです。東京だけでなく大阪のフリーランス案件にも強みがあります。
お勧め度

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンについて

そもそもフリーランスエージェントの手数料と中間マージンとは何でしょうか?
簡単にいうと案件の紹介・サポート・フォローなどを行うフィーとしてフリーランスエージェントが中抜きするマージンのことです。
フリーランスエージェントはこの利益によって企業を運営しています。

助手
助手
フリーランスエンジニアはフリーランスエージェントを使うことによってスムーズに希望する案件に参画することができます

商流について理解しよう

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンを理解する際に真っ先に理解する必要があるのが商流です。
フリーランスエンジニアはクライアント企業と直接契約を結ぶのではなく、フリーランスエージェントと契約を結びます。
クライアントとフリーランスエンジニアの間に複数社フリーランスエージェントが入り仲介が入ることを商流といいます。

フリーランス博士
フリーランス博士
この商流が深くなることによって手数料・中間マージンが多く取られるためフリーランスエンジニアの単価に大きな影響を与えるのです。
助手
助手
フリーランスエンジニアはしっかりと商流を理解し極力商流の浅い案件に参画することで手数料・中間マージンを抑えることができるんですね。

手数料・中間マージンが引かれるタイミングについて

フリーランスエージェントから提示される単価は手数料・中間マージンを引かれた金額であることが一般的です。
つまりフリーランスエージェントはフリーランスエンジニアに提示した金額に手数料・中間マージンを乗せた金額でクライアントに対して提案を行っているということになります。

手数料の開示について

フリーランスエージェントは手数料・中間マージンを公開しないことが一般的です。
それは簡単な理由で、フリーランスエンジニアはスキルの幅が広いため一律の手数料・中間マージンを設定するのが難しいためです。

フリーランス博士
フリーランス博士
案件ごとに予算がまちまちなこともありフリーランスエンジニアの参画を優先する場合固定のルールを適用しないほうが効率的なケースが多いことも理由の一つです。

フリーランスエージェントの手数料・マージンのパータン

では次にフリーランスエージェントの手数料・中間マージンのパターンについて説明させていただきます。
といっても2パターンしかなく、それぞれは大変シンプルなものですので一度読んでいただければご理解いただけると思います。

営業の裁量で決まるパターン

フリーランスエージェントの手数料・マージンは営業の裁量で決まるパターンがほとんどです。
本文でお伝えしたようにフリーランス案件の場合、フリーランスエンジニアのスキルの幅が広く、案件の予算もまちまちです。
これを上手く成立されるのがフリーランスエージェントの腕の見せ度どころでもあります。
具体例をあげると以下のような感じです。
マッチングを成立させるためにある時はマージンを削ってでも契約成立をさせる
クライアントの予算をみてマージンを高めに交渉する

助手
助手
このようにフリーランスエージェントの営業は日々契約に至るまで努力をしているのです。

具体例
クライアントからの発注70万円→フリーランスエージェントの手数料10万円→フリーランスエンジニア単価60万円

クライアントからの発注50万円→フリーランスエージェントの手数料5万円→フリーランスエンジニア単価45万円

フリーランス博士
フリーランス博士
参考にしてみてください。

固定の手数料であるパータン

フリーランスエージェントの手数料・マージンが固定の場合もあります。
契約金額に対して固定の割合・契約金額に対して固定の金額の2パターンあります。
ただしこれは企業のルールで決まっていて明示されないケースがほとんどです。
固定手数料の場合、フリーランスエージェントとしては契約件数に対しての利益が明確なため企業業績や営業マンの管理などがしやすいという利点があります。

具体例
クライアントからの発注70万円→フリーランスエージェントの手数料10万円→フリーランスエンジニア単価60万円
(固定10万円のマージン例)
クライアントからの発注70万円→フリーランスエージェントの手数料7万円→フリーランスエンジニア単価63万円
(固定10%のマージン例)
フリーランス博士
フリーランス博士
このパターンは少ないです。

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンを少なくするテクニック

最後にフリーランスエンジニアがフリーランスエージェントの手数料・マージンを抑えるテクニックをお伝えしようと思います。
フリーランスエンジニアが直接的にフリーランスエージェントの手数料を調整することはなかなか難しいのですが間接的に自分の手取り金額を上げる方法は存在します。
フリーランスエンジニアの方は必ず役にたつテクニックなので是非参考にしてみてください。

自分のスキルにあったフリーランスエージェントを選ぶ

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンを抑えるテクニックは自分のスキルにあったフリーランスエージェントを選ぶことです。
フリーランスエージェントは膨大な案件数を抱えていますが、企業により得意不得意や領域が存在します。
得意領域でないフリーランスエージェントに案件を依頼するとどうしても商流が深くなりフリーランスエンジニアへの還元が難しくなってしまいます。

フリーランス博士
フリーランス博士
フリーランスエージェントの得意領域はWEBサイトの案件紹介や企業のバックボーンなどを調べると簡単に把握することができます。

相場を正しく把握する

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンを抑えるテクニックとして自分自身の相場を正しく把握することです。
フリーランスエンジニアが自身の相場よりも低い値段で認識しフリーランスエージェントに希望を伝えると当然その単価で参画することになります。
その場合、ただフリーランスエージェントが手数料・中間マージンを多くのせて提案するだけなので、フリーランスエンジニアにとっては何のメリットもありません。

フリーランス博士
フリーランス博士
何も自分の価値を無駄に吊り上げる必要はありませんが、最低限の相場をしらないと損するのはエンジニア自身なのです。

営業とのリレーションを構築する

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンを抑えるテクニックとして営業とのリレーションを構築する方法があります。
フリーランスエンジニアとフリーランスエージェントは双方利益を得ることを目標に一緒に仕事をするわけです。
共にウィンウィン関係になれるようにざっくばらんに話をできる関係を構築するのも仕事のテクニックの一つです。
あくまでもフラットな関係なので、フリーランスエンジニアはサービスを受ける側だからといってえばったり勘違いをしないようにしましょう。

フリーランス博士
フリーランス博士
リレーションを構築できると●●さんにはいつもお世話になっているから、といって営業がマージンを削ってくれたり、色々優遇して動いてくれるようになります。

複数(2~3社)のフリーランスエージェントに登録し比較する

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンを抑えるテクニックとして2~3社のフリーランスエージェントに登録するという方法があります。
フリーランスエージェントの場合同じクライアントの案件を扱っていてもエンジニアに提示される単価が異なります。

助手
助手
これは手数料・マージンが各社違うためなのですが、これを比較しマージンの低いフリーランスエージェントからエントリーすることで自身の単価を増やすことができます。

まとめ

フリーランスエージェントの手数料・中間マージンについてお話してみました。
冒頭でお伝えした通りフリーランスエージェントの手数料・中間マージンはフリーランスエンジニアによって重要な単価を決める要素です。
基礎知識をしっかり押さえできるだけ自身が良い条件で働くことができるように行動したいものです。

厳選!当サイトお勧めフリーランスエージェント

ここで当サイトのお勧めする転職エージェントをご紹介させていただきます。
いずれも実績があり信頼のおけるフリーランスエージェントを厳選させていただきました。

助手
助手
こちらの基準を満たしたフリーランスエージェントのみ厳選しご紹介させていただきます。
フリーランスエージェント選びのチェックポイント

業界での実績
元請け・直請け案件の数と割合
オフィスの雰囲気
営業担当の質
フォロー体制
支払いサイト
ネット(2chなど)での評判

レバテックフリーランス


公式サイトはこちら→フリーエンジニアの案件探しは、レバテックフリーランス
当サイト一押しのフリーランスエージェントです。
直請け案件が多く、さらに低マージンのためエンジニアの単価が非常に高いのが特徴です。

助手
助手
フリーランスエンジニアに一番人気のド定番エージェントです。

公式サイトはこちら

High-Performer


公式サイトはこちら→High-Performer
13年以上の実績を持つ信頼のエージェントです。
開発だけでなくPMやPMO案件も豊富でサイト非公開案件にはお宝の高案件がゴロゴロあります。

助手
助手
上流工程案件に強く中堅~ベテランのエンジニアに圧倒的支持を得ています。

公式サイトはこちら

エミリーエンジニア


公式サイトはこちら→フリーランスIT/Webエンジニア専門の案件情報なら【エミリーエンジニア】

登録者の平均年収819万円・年収1000万円オーバー多数と高単価を実現しています。

助手
助手
豊富な案件と高単価・手厚いフォローが人気のお勧めエージェントです。

公式サイトはこちら

ギークスジョブ


公式サイトはこちら→フリーエンジニア高額案件多数【ギークスジョブ】

日本最大級のフリーランス専門エージェントです。
参画までのスピードが早く、高単価でフリーランスエージェントとしての実績は抜群です。

助手
助手
ゲーム系・オープン系・最新の技術を希望するエンジニアは是非登録をお勧めします。

公式サイトはこちら

BTCエージェント


公式サイトはこちら→フリーエンジニア向け案件を紹介【BTCエージェント】

平均単価80万円以上のハイクラス案件を揃えるエージェントです。
独自案件を多数保有し、営業の質が高いのも特徴です。

助手
助手
他社でなかなかない案件を多数保有しているので、登録しておきたいエージェントです。

公式サイトはこちら

Pe-Bank


公式サイトはこちら→エンジニアのプロ契約なら【Pe-BANK】

フリーランスエンジニアからの信頼が厚い老舗エージェントです。
業務系案件や汎用系の案件に特に強みがあります。

助手
助手
日本全国どこにでも支店があるのがありがたいエージェントです。

公式サイトはこちら

TechClipsフリーランス


公式サイトはこちら→
現役エンジニアがあなたのキャリアをサポート!【TechClipsフリーランス】
案件は全て直請けのみの高単価エージェントです。
営業スタッフが経験豊富で独自案件を多数保有しています。

助手
助手
他社でなかなか見ない案件も多数あります。非大手のエージェントでじっくり営業さんと案件を探したいのであればぴったりです。

公式サイトはこちら

midworks


公式サイトはこちら→フリーランスエンジニアの豊富な案件なら【midworks】

フリーランスエンジニアとして独立しながら正社員並みの保証を受けることができるエージェントです。
福利厚生・保険・年金などフリーランスのデメリットをカバーしてくれる制度が非常に人気です。

助手
助手
他社にはないサービスで、福利厚生面を充実させたいフリーランスは登録必須です。

公式サイトはこちら

エンジニアファクトリー


公式サイトはこちら→大阪のフリーエンジニア急募!個人事業主なら「エンジニアファクトリー」

経験1年の若手から50代まで幅広い案件を取り扱っていることが特徴のエージェントです。
東京だけでなく大阪のフリーランス案件にも強みがあります。

助手
助手
かなり若手や50代のフリーランスでも営業が頑張って案件を決めてくれますのでかなりお勧めできます。

公式サイトはこちら